2016
10.22

自分自身の成長(自己成長)に必要なもの ~絞る勇気

自己啓発

Pocket

こんにちは~ 学び人hiloです。

皆さんは今まで経験したことのない
何か新しいことを始めた事ってありますか?

ワタクシは今年の1月に
とある学びのコミティに属し、
月2回のセミナーに参加していることと、
ここ7~8年持っていなかった
PCを購入し、ネットビジネスを始めた、
ということが経験したことのない
全く新しいことでした~

ook161100444_tp_v1

現在も本業は続けながら
副業という形で
ネットビジネスを
継続中です~

コミニティに参加したことで
ワタクシの人生は急激に
動き始めました~

今までわからなかったことが
わかってくるようになり
気づかなかったことが
気づけるようになり、
自分自身の成長がありました~

この自分自身の成長(以下自己成長)
があったからこそ、
本当に本当に少額ですが副業では
毎月副収入も得られるようになり
本業でも依然陥っていた
うつ状態を脱することができ
少しづつ良い方向に向かってます~

今回自己成長するために
必要な事について
考えてもみたいと思います。

情報を絞りましょう~

まずコミニティに参加し、
全く初めての事として、
ブログを書いて
(サイトを立ち上げて)
ネットビジネスを行う
というものでした~

会社でパソコンは使っていたものの
資料作成にエクセルを自己流でやる程度、
Facebookの投稿はしたことはありましたが
ブログを書くというのは初体験、
ブログの初期設定も悪戦苦闘でした~

今では本当に本当に本当に少額ですが
副収入が得られるまでになってきました~
(毎月綱渡り状態です)

なぜ初心者に毛が生えたワタクシが
「0」を「1」にすることができたか?

それは・・・

いろいろなものを絞ったからです~

まず絞ったのは「情報」です

ワタクシはつい最近まで
うつ状態(もしかして自称だったのかも?)であり
そこから抜け出すためひたすら
メンタル、身体の両面を強くしようと
いろいろな本やセミナーへと
手を出していました~

そのこと自体何かを変えよう
必死にもがいているので
悪いことではないのです。
むしろその行動がなかったら
「人生の師匠」やコミニティの
「素敵な仲間」との出会いは
なかったのですから~

信頼できる「人生の師匠」や
目指すべき人生の目標ができたら
ひたすらそこに時間を掛けました~

その時間を捻出するため

・SNSは見ない
・メルマガは師匠と師匠の師匠だけ
・本は師匠が勧めた本だけ読む
・漫画は読まない(ワンピースだけはお許しを)
・間食はしない

と今までいろいろなことに
割いていた時間を
セミナーの復習と、
ネットビジネスのための時間に
充てるようになりました~

初めてネットビジネスで
書いたブログの記事は
丸一日以上かかり、
内容も本当に拙いものでした~

lisa78_mbasawaru20141018102912

文章もひたすら知識だけ並べ
読み手のことも考える余裕もない
その当時の心情丸出しの文章でした~

ただ読み手に一生懸命伝えようと
する熱意は相当なもので、
その時期があったからこそ
今の自分があるのです。

自分の感情を絞りましょう~

一生懸命書き上げた拙いけど
熱意のこもった文章。
ではこの文章のレベルを
どうやって上げていくことができたのか?

それは、コミティティメンバー向けに
グループラインがあるのですが、
そこに自分の記事を投稿して
アドバイスをいただく、
というスタイルで文章術を
磨いていきました~

自分は人前で発表するのが苦手で
作文とかも超苦手で
自分の文章を他人読まれるのが
本当にドキドキでした~

とはいえネットビジネスでは
他人に文章を読んでもらわない限り
売り上げが発生することがないので
自分の中の

「恥」や「見栄」という感情を絞り
アドバイスをただただ素直に受け止めて
次のステップへとしていきました~

その甲斐あって、
自分でも想像できないくらいに
早い段階での売り上げを上げる
ことができました~

ook58_nantekotodabouraku_tp_v1

 

伝えたいことを絞りましょう~

素直に師匠からのアドバイスを受け入れ
文章をどんどん書いていくうちに
自分の文章のスタイルが
だんだんと固まっていき、
それと同時に書きたいことが
多くなってきました~

文章を書くのに慣れたこともあり
自然に一記事当たりの文字数も増え、
次第に一つの記事に
様々なことを伝えようとして
なんとなくピンとこない文章を
書いていた時期もありました~

自分の思想の世界を意識するあまり
抽象的な理想の世界を
具体的にしていこうとして
様々な例えを使って
具体的にしていますが、
その具体例が多すぎて
なんだかピンとこない
文章を書いていました~

ココも師匠のアドバイスを受け
軌道修正をし、理想の世界を実現する
第一歩を踏み出すための後押しをする
というスタンスを明確にして、
具体例も自分の職場で起きた事とか
職場以外の別の仕事のことを想像して
シュチュエーションが想像しやすいように
文章を書いていきました~

green25_uriage20141123154335
※写真はイメージです
このように

伝えたいことを絞る

ことによって、
一記事当たりの密度が濃くなり、
読んでいただく方に
伝えたいことが
さらに響くようになり、
記事もより密度の濃い文章が
多く書けるのです~

まとめ

今回は自分の体験から
ネットビジネスで文章を
書けるようになるまで

・情報を絞る
・感情を絞る
・伝えたいことを絞る

と様々なことを絞ってた
ということをお伝えしてきました~

毎日毎日PCとにらめっこし、
文章を書くというのは
大変な部分もあります。

あまりにストイックに
なりすぎると体力も
消耗してしまい、
命を削ってしまいかねません。

情報も絞りっぱなしだと
視野が狭くなる可能性もあります。

時が来ればいろいろな情報を
取り入れてさらに学びを
深くしていくといいでしょう。

ただ、マイナスの感情や
あれもこれも伝えようとする
事に関してはこれからも
絞っていったほうがいいですし、
何かに集中するときは
集中を妨げる情報はすべて
遮断するぐらいの覚悟がなければ
今までの自分と結局変わらなく
なってしまうのではないでしょうか?

これからの人生の中で
目の前に大きな大きな壁
現れることがあるでしょう。

その壁を乗り越えるために
勇気をもって集中を妨げることを
捨ててみてください。

きっと壁を乗り越える
ことができて、
その先に新しい何かが
自分を待っています。

 

今回の記事が少しでも皆さんの
お役に立てればうれしいです。

今回も長文にお付き合いいただきまして
本当にありがとうございます。

>>>当サイト『S-BOX』TOPへ

Pocket

無料E-Book|下流老人化回避! 老後に不安の無い人が今取り入れている 「新しい働き方」と「これからのお金の考え方」をお教えします。

bana button-report

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。