2016
11.10
pak85_lalaosyamojimottaniizuma20140321

家族団らんの救世主 鍋に飽きたらたこ焼きはいかが?

生活

Pocket

こんばんは~ 学び人hiloです。

最近寒くなってきましたね~ 寒くなると鍋を囲む機会が増えますね~ テーブルの上で家族みんなで鍋をみんなでつつっく

家族団らんっていいですよね~

ワタクシは仕事の日は帰りは遅く、休みは基本平日なので、家族そろって晩御飯を食べるのは平日の休みの時ぐらいです~

pak85_lalaosyamojimottaniizuma20140321
※ワタクシの嫁ではありません、写真はイメージです

冬場はもちろん鍋でいいのですが夏場は鍋ができずに、冬場も毎回毎回鍋というわけにはいきませんよね~ 家族で一緒につつっく料理としては、

  • 焼肉
  • 焼きそば
  • 焼うどん
  • お好み焼き
  • など、ホットプレートの料理が定番です。もちろんホットプレートの料理もいいのですが、ちょっと気分を変えて
    たこ焼きはいかがでしょうか?

    dsc_0707

    ワタクシ達家族はたまにやりますが、みんなで作り、みんなで食べるので家族の団らん感が上がってオススメです~

    今回は家族団らんの救世主たこ焼きについて考えてみたいと思います。

    hilo家でのたこ焼きの作り方

    皆さんの家庭ではたこ焼きが夕食に出てくることはありますか?ワタクシの家ではたまに出てきます~ 娘が好きなんですよね~ たこ焼き。たこ焼きは屋台で食べるイメージがありますが、思ったより簡単に作ることができます。

    hilo家のたこ焼きを公開しちゃいます~

    材料

  • たこ焼きの粉一袋
  • たこの足一本
  • 紅ショウガ一袋
  • 揚げ玉適量
  • キャベツ適量
  • 小ねぎ適量
  • hilo家のたこ焼きはここで終わりません。ここで登場するのが「切り餅」です。わざわざ買ってくる必要はないのですが、家に切り餅のストックがあるのならぜひたこ焼きの具として入れてみてください。餅がとろけてタコとはまた違う触感でおいしいですよ~

    食材をそろえたらいよいよたこ焼きを焼きましょう~

    まず油をタコ焼き器にひきます~ テッシュに油をしみこませて箸でひいていきます。

    dsc_0704

    次に生地を流し込みます~ 生地を半分流し込み、具材を入れていきます。半分タコ、半分餅を入れていきます。

    dsc_0705

    具を入れたらもう一度生地を流し込み、火が通ってきたら丸めていきます~ 竹串で十分丸めることができます。うまく丸められなくてもみんなの共同作業が家族団らん感を上げてくれます~ ここが一番つながる瞬間です。みんなでワイワイ楽しみましょう~

    dsc_0706

    dsc_0697

    丸めたら焦げないように気を付けてもう一度ひっくり返しましょう~ 少し火を通して完成です。

    dsc_0707

    おいしくいただきましょう~ 余った食材もおいしくいただきましょう~

    みんなのお皿に取り分けたらソース、マヨネーズ、かつおぶし、青のりをかけて食べましょう~

    dsc_0700

    dsc_0701

    dsc_0702

    「いただきます~」

    タコも餅もおいしいですね~ 餅バージョンは本当においしいので一度試してみてください。hilo家では、娘が幼稚園のころまでは餅バージョンオンリーでした~

    初めのたこ焼きを作り終えたら食べながら二回戦へと突入します~ 先ほど同様に焼いていきます。二回戦も焼き上げて、タコや餅が余ることがあります。余った材料はタコ焼き器で焼きます。タコはそのまま焼いてもいいし、オリーブオイルを投入し、「アヒージョ」を作るとオシャレな感じMAXです。

    dsc_0709
     

    まとめ

    今回は家族団らんの救世主「たこ焼き」をご紹介させていただきました。たこ焼きは鍋同様みんなでタコ焼き器を囲み、ワイワイ楽しみながら作っていくというのが楽しいところです。

    しかも一年中、どの季節でもOKで意外と簡単に作れる、というのもポイントです。タコ焼き器もそんなに高い値段ではないので、もしタコ焼き器をもっていない方はこの機会に購入してみてはいかがでしょうか?もうかれこれ10年近く使っていますが、値段が安い割には故障もなく、家族団らんの新しい形が楽しめちゃうというお金では計り知れないコスパがあります。

    家族団らんに、仲の良い方々とのタコパにもってこいのタコ焼き器、是非手に入れて楽しんでください。
     

    さていかかでしたか?今回の自分の体験談が少しでも皆さんのお役に立てればうれしいです。
    今回も長文にお付き合いいただきまして本当にありがとうございます。

    >>>当サイト『S-BOX』TOPへ

    Pocket

    無料E-Book|下流老人化回避! 老後に不安の無い人が今取り入れている 「新しい働き方」と「これからのお金の考え方」をお教えします。

    bana button-report

    コメント

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。