2016
11.02
車査定の電話がしつこい

車一括査定のときにしつこい電話を簡単に回避するたった一つの方法

生活

Pocket

「車の査定は電話がしつこい!!!」

と、いつも思っていたのですが、実はこれを回避できる方法があったんです。

車を買い替えるときって、ディーラーの下取りにするか、車一括査定サイトを使うかのどちらかになると思います。

あなたはどちらにしていますか?
 

結論から言うと、車一括査定サイトの方がオススメです。

なぜなら、ディーラーは買い取った車の販売ルートがあまりないので、ディーラーの言い値になってしまい、ほとんどが相場よりも安くなってしまうからです。
 
 
なので、車を高く売りたい場合は、ディーラーの下取りよりも、車一括査定サイトを利用した方が高く売れるのは間違いないでしょう。

私も買い替える際は一括査定を使っています。

ただ、車一括査定サイトの難点は、「電話がしつこい」ということ。

denwa-sitsukoi
車一括査定サイトは、申し込んだ途端に電話が鳴りまくります。休日の朝でも夜遅くでも関係ありません。

  • 休日でゆっくり寝ている朝っぱら
  • 仕事で電話に全然出れない昼間
  • 食事とかお風呂で忙しい夜


などなど。

「もう少しいいタイミングで電話してよ」なんて思うこともあるはず。

そんなことも構わず電話ばっかり…

もうすでに買取が決定したのに、しつこく電話がかかってくる場合も。ガ○バーなんか、何回も電話してきますからね。
 
 
一方、あるサイトをうまく利用すれば、この車一括査定特有の電話攻撃を回避できる方法があったんです。

しかも、当然高く買い取ってもらうこともできてしまうのです。

買取業者を事前に選ぶことができる!?

sentaku
まず、ほとんどのサイトですが、買取業者を選ぶことができないのです。

例えば、

  • かんたん車査定ガイド
  • ズバット車買取比較
  • カービュー
  • 楽天オート


など、どれも買取業者を選べません。

なので、「3、4社で比較すればいっか〜」と、のんきに考えてたら7社くらいか一気に電話が来たりして、もう大変です。笑
 
 
ただ、あるサイトを使えば、買取業者を自由に選ぶこともできるのです。

もちろん地域によって業者数は異なりますが、自分で自由に買取業者を選べるのはとても便利ですよね。3〜5社くらい選択すれば十分に競争させることができます。

メールのみでやり取りすることも可能

メールでやり取りができる
そのサイトでは備考欄というところがあり、そこに「メールのみのご連絡でお願いします」と入力しておくと、格段に電話が鳴る率が下がります。

  • 仕事が忙しくてどうしても電話する暇がない
  • 極力電話は避けて相場くらいを知りたい
  • 自分からのタイミングで電話したい

など様々な事情があると思います。

そういった場合はメールでやり取りできると、ちょうどいいタイミングで連絡が取れますよね。
 
 
そもそも普通の一括査定サイトには、備考欄すらありませんので、お構いなしに電話が来ちゃいます。

ですが、そのあるサイトを使えば、買取業者も選択できて、備考欄に要望も書くことができる。

そのあるサイトとは…

car-sensor
そのあるサイトとは、

カーセンサー

という車査定サイトです。
 
 
カーセンサーのいいところは、

  1. 買取業者を選ぶことができる
  2. 備考欄に要望を記載できる
  3. 提携している業者が一番多い


となっています。

カーセンサーだけは買取業者を選択できて、備考欄に要望を書くこともできる。さらにカーセンサーは提携している業者が、あらゆるサイトの中でもNo.1でなんと500社近くもあります。

提携業者が多いので、あらゆる種類の買取業者がいて、競争が激しくなるので、査定額が高くなる傾向にあるのです。
 
 
つまり、

  • 自分にあった業者数(例えば3社とか)を自由に選びたい
  • 電話よりもメールで連絡が欲しい
  • なるべく高く売りたい


という希望を叶えられるのは、今のところカーセンサーだけです。

さらに備考欄に「相場をメールで教えてください」と記載すれば、すぐに相場も教えてもらうことも可能です。

なので、査定のときのしつこい電話は避けたい、相場を教えて欲しい、というときはカーセンサーが一番のオススメです。
 
 
ちなみに私はカーセンサーのおかげで、13万キロ以上走ったプリウスαから無事に新車で最新のアルファードに超お得に買い替えることができました!

あなたも是非カーセンサーを使って、楽でお得に買い替えてみてはいかがでしょうか?
 

とりあえず入力だけして、相場だけをメールで教えてもらうのもアリですよ!

>>>当サイト『S-BOX』TOPへ

Pocket

無料E-Book|下流老人化回避! 老後に不安の無い人が今取り入れている 「新しい働き方」と「これからのお金の考え方」をお教えします。

bana button-report

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。