2016
11.29
5b0f1076ee71cd6e83bcdcf896ac532e_s

主婦の仕事探しのポイントは?~あることをすると見えてくる~

仕事

Pocket

「私ね、今度〇〇で働くことにしたんだぁ~」
「実は今日ね、仕事の面接に行ってきたのよ」

子供が小学校に入ると、周りのお母さんたちが次々を仕事を探して働き始めます。私もそろそろ仕事をしてみようかな。でも、子供を持つ主婦ってみんなどういう風に、どういうポイントで仕事をさがしているんだろう・・・。          
私が仕事復帰をしようと思ったのは、長女が6年生で長男が3年生の時。長女は、学校内で行っている吹奏楽部に入っていたので、授業が終わっても夕方まで練習。長男は、帰って来た途端にランドセルを投げ捨てて遊びに行く始末。せっかくおやつを用意して待っていたのに・・・。学校であった出来事を、おやつでも食べながら聞きたいなって思っていたのに・・・。可愛かったのは、小学2年生までだっか(笑)なんて思ったり。本当は自立に向かってそれぞれ成長しているんだから、喜ぶべきことなんですけどね。

娘から言われた一言で、仕事探しを開始?ポイントが見えてきた!

7c2cce45a03750f759f995bc4081d63c_s

毎日、こんな感じだから、朝に「いってきま~す」と出かけてから「ただいま~」って帰ってくるまでの時間がだんんだんと長く思えてきました。そして、長女にこんなことを言われたのです。

「ママってさ、私たちが学校に行ってる間に何してるの?」って。いかにも、「暇なんでしょ?」的なニュアンスも含まれているように感じ、少しグサッとくるものがあったのです。

小学校2年生くらいまでは、学校から帰ってきて「おかえり~」って出迎えると、それはそれは嬉しそうな子供達でした。そして、その日のあったことをペチャクチャ話す時間がとっても幸せでした。でも、子供達は成長しているんです。だんだん、親との時間より仲間と遊ぶ楽しさを覚え、その中でいろんな経験をしているのです。そう思ったら、私って何か毎日成長してるのかなって。子供から見たら、私は楽をしている暇な人って思われているんだとしたら嫌だな・・・。

そして、急に恥ずかしくなったんです。子供達は毎日、勉強や遊び、仲間とのコミュニケーション、学校行事と沢山のことを頑張っているのに、私は何も頑張っていない、成長してないなと。

そして、子供達に聞いてみたのです。「ママさ、仕事してみようと思うんだけど」「仕事を始めたら、帰って来たときに家にいないときもあるかもしれないよ」って。「そんなの嫌だー」って言われることを心のどこかで期待していた自分が馬鹿でした。二人ともあっさりと「うん、いいよ~」ですって。あんなに私の側から離れなかった子供たちが・・・。はい、子供は成長しているんです(笑)

1033516ba246eee8b1abcdf81af2135a_s

成長していることを改めて感じた私は、仕事に復帰してみようと思ったのはいいのですが・・・。しばらく専業主婦をしていたものですから、どんな仕事がいいのか、どんな仕事があるのか、私に出来るのか出来ないのか、頭の中がぐるぐる回っていました。

それで、仕事を始める上で、自分なりのポイントを書き出してみました。

  • 子供が熱を出したり、具合が悪くなった時に、休みがとりやすいかどうか(近くに親や親せきがいなかった)
  • 学校行事のときに休みをもらいやすいかどうか
  • 朝は、学校へ送り出してから仕事に出かけたい
  • 夕飯作りの時間までには帰宅したい
  • 子供が休みの日は一緒にいたい
  • その仕事は自分にとってやりがいを感じるものなのか
  • 経験を積むことで自分にプラスになる仕事なのか

書き出してみるとだんだんと仕事探しのポイントが見つかってきました。とにかく、私は子供にあまり負担をかけさせたくないんだなと。あっさりと仕事をすることへ賛成してくれた子供達ですが、そうは言ってもまだ小学生。いつなにが起こるかわかりませんでも、こうやって自分が仕事を選ぶときのポイントを書き出してみると、おのずと自分にあった仕事が見えてくるはずです。

ポイントを書き出して見つけた仕事とは?

でも、世の中そんなに甘くはないことも十分に理解しています。すべて条件があう職場なんてあるはずがありません。だから、自分で書き出したポイントの中で、これだけは譲れないというものを絞り出したらあとは妥協も必要です。

周りの人に聞いても、これだけは譲れないのは、やはり子供が体調の悪いときに休みやすいかどうかということ。小学生の子供が熱を出しているのに、1人で家に置いておけるわけがありません。子供の気持ちになったって、辛いときはお母さんにいて欲しいものです。(普段は生意気でも・・(笑))

そのポイントをクリアできるところ・・・・。そうか!!同じ環境の人が働いている(小さい子供や小学生を持つ親)場所だったら、絶対に理解してくれるはずと思ったのです。そういうポイントで仕事を探してみたらこんなものがありました





まさに、同じようなお母さんが働いている環境ですよね。そして迎えた仕事初日に、ドキドキしていた気持ちが子供に伝わりなんと熱を出してしまったのです。親の不安な気持ちって子供によーく伝わるのです。仕方なく事情を話すと、「しょうがないですよ。今日はお子さんの側にいてあげてください。みんなお互い様でやってますから」と言われ、不安な気持ちを取り省き、明日から頑張ろうと誓った私でした・・・。そして、そういうポイントで仕事を探して働いてきた結果、あの時にお互い様で助け合った仲間とは、子供が大きくなった今でも交流があり、たまに会うと、子育てしながら頑張った話で盛り上がるのでした。

そして、家庭内にも変化がありました。仕事をしていないときの夫との会話は、すべて子供の話だったのが、仕事を始めてからというもの、「今日はこういうことがあったの」「明日はあれをやらないといけないんだぁ~」なんて話もするようになり、一生懸命に働いてくれている夫の気持ちも理解できるようになって、家庭の中が明るくなったように感じます。

それから、「学校に行ってる間に何してるの?」って聞かれた娘には、「ママはね、お客様の役に立つお仕事をしているんだよ」って胸をはって堂々といえるようになりましたしね。

これからお仕事を初めて見ようかなと思っているのであれば、ぜひ自分と同じような家庭環境を持つ人がたくさん働いている職場を絶対にお勧めいたします。

>>>当サイト『S-BOX』TOPへ

Pocket

無料E-Book|下流老人化回避! 老後に不安の無い人が今取り入れている 「新しい働き方」と「これからのお金の考え方」をお教えします。

bana button-report

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。