2016
11.23
91b17b78a09dce1f2b2a26764798292c_s

宅配の食事を利用して心と体も健康になる方法とは!

生活

Pocket

「今日も仕事で疲れたなぁ~、夕飯何にしよう・・・」
「今日は時間がないから、簡単に済ませちゃおうかな・・・」
「今日はスーパーのお惣菜を使っちゃおうかな・・・」
「こんな時、宅配の食事があったらな・・・」

毎日、こんな風に考える自分がいませんか。

私の仕事は、パートとはいえ、朝の9時から夕方5時まで。それからなんだかんだと職場を出るのは5時半すぎ。帰宅途中のスーパーに寄って買い物を済ますと、すでに時計は6時半。急いで家に帰って、洗濯物を取り込み、子供の学校からのお便りをチェックしたり、子供におやつを出したりとしているうちに、あっという間に時間が経ち、いざ食事を作ろうと時計を見るともう7時。息つく暇もないってこういうことをいうんだなと。

そして、もうこの時間になると、小学生、中学生の息子たちが、「お腹すいた~」「何かないの~」の連発!!おやつで満たしたお腹もまた空腹になり、健康的とは言えない、カップラーメンやらインスタント食品に手を出そうとする時間。

(もう適当にあるのも食べててー!)という思いと、(あ~、ここで軽食を食べたら、今から作る食事は残すだろうなぁ~)という思いとの葛藤をしているうちに、なんだかイライラしてくるのです。

もう少し余裕を持って食事の準備がしたい!イライラしながら作るのはもう嫌!

d0fd718dc69a2ea12ed8a34184f39c95_s

子供達がお腹を空かして待っていると思うと、急いで作らなくちゃと気持ちが焦りますよね。もう一品作りたいけど、とりあえずこれでいいかなと、本当は健康を考えると、一番食べさせたいのは野菜料理だけど、そこまで手が付けられず、一品物になってしまったり、どう見てもバランスがいいとは言えない食事内容になってしまします。

しかも、出来上がったころには、自分はクタクタで、一緒に食事を囲むというより、「ちょっと休ませて~」と1人でソファにくつろぎ始める私・・・。

本当は、気持ちに余裕を持って食事の準備をしたり、みんなで揃って食事を楽しみたいと思っているのに、毎日同じことのくりかえし。

この状況をどうにかしたいと思っていたところに、母が遊びに来てこう言ったのです。

「家事には手抜きも必要だよ」
「忙しくてイライラ、バタバタしているお母さんより、笑顔でやさしいお母さんの方が、子供達は喜ぶよ」

たしかに・・・

そう言えば、長男の卒業式の親への手紙に、「お父さんは優しい人で、お母さんは忙しい人です」って書いてあったわ・・・。なんだか切なくなりました本当は、気持ちにゆとりがあり、いつもニコニコしているお母さんになりたいのに・・・。

続けて母が、「宅配の食事でもたまに取ってみたら?」「手作りするより少しは食費がかかるかもしれないけど時間をお金で買うことは必要だよと。なんだかフッと肩の力が抜けました。「そうだね、宅配の食事を利用して早く食卓が整えば、私の気持ちにも余裕が出るもんね・・・」

2eeaa1d9f421041282953b5c4598babf_s

今までは、宅配の食事というと、なんだか良い母親じゃないような気がして、利用してみたいなって思っていても、躊躇している自分がいました。でも、今の宅配の食事って、栄養士さんが栄養バランスを考えて作ってあったり、メニューは豊富だし、これなら自分がバタバタと作った一品物の食事よりも、健康的な食事が取れるんじゃないか、お腹がすいてカップラーメンに手を出す前に、きちんとした食事を出してあげられるんじゃないかって思ったのです。

これに、スープや味噌汁などの汁物を作ってあげるだけで、食卓が整い、私も気持ちにも余裕が出るし、作業時間も短縮出来ることによって、疲れたりしない分、一緒に食卓を囲むことが出来るのです。

気持ちに余裕がないときは、子供の話も聞いているようで聞いていない(後になって、さっき言ったよって言われてしまう・・・)感じですが、一緒に食事をしながらだったら、その日学校であったことや、お友達とのことなど、ゆっくりと聞いてあげられます。

ちなみに私が利用している宅配はこちらです!
        ↓
解凍するだけの美味しい無添加惣菜をお届けします!わんまいる注文専用サイト



販売実績累計50万食!無添加国産野菜の手作り惣菜をはじめ、全国から集めた和洋中のグルメを1品からお届けしている食のセレクトショップです。

ただ、これも毎日だと飽きてしまうというのもあるし、「うちのお母さんの料理はいつもチンです!」なんて作文にもかかれたら恥ずかしくて参観日なんか行けなくなっちゃいますよね(笑)
なので、私は、宅配の食事を使うときと、時間があるときに作り置きした食事にするときを分けたり、仕事が休みの日には、手の込んだ食事を作るようにしています。

そして、次男の卒業式の手紙には、「お父さんは優しい人で、お母さんはいつもニコニコしていて優しいし、世界一大好きなお母さんです」なんて言ってもらえるような(笑)お母さんになりたいと思っています。

>>>当サイト『S-BOX』TOPへ

Pocket

無料E-Book|下流老人化回避! 老後に不安の無い人が今取り入れている 「新しい働き方」と「これからのお金の考え方」をお教えします。

bana button-report

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。