2016
11.06

もう悩まない!人間関係に疲れたときの対処法!

自己啓発

Pocket

「あ~、今日もあの人と一緒のシフトかぁ~」

「ふ~、今日はあの人とスムーズに会話出来るかな~」

職場でも、何かのグループでもこんな風に感じて人間関係って疲れるなぁ~って思ったことはありませんか。
           
私は今までにいくつかの仕事をしてきました。OLから始まり、レストランの調理や接客、乳製品の営業、お弁当屋、縫製の仕事、保育の仕事、学生時代で言えば、スーパーのレジ打ちなど。

もちろん、その場その場で、多くの良き仲間が出来ましたが、何故か、その場その場で、必ずといっていいほど、

「あ、この人苦手だな・・・」

って思う人がいるんです。もう直感ってやつですかね・・・。そしてその直感は、みごとに当たってしますのです。
例えば、

  • ある人がミスをしても何も言われないのに、私が同じミスをすると強い口調で怒られる
  • 欠勤届けの理由が同じでも、私のは通用されない
  • 何かにつけて文句を言ってくる
  • とにかく、言い方がきつい

その当時は、何でいつも私が行くところ行くところに、苦手な人がいるのよ~って、叫びたくなりそうでしたが、いろんな人に話を聞いてもらったり、話を聞いたりしていると、いやいや、同じように感じている人がたくさんいるじゃないですか!しかも、高校生の娘もバイト先で同じことを悩んでいたのです。ということは・・・                         
「どんな職場(場所)でも人間関係が発生するところには、苦手な人はいる」                             
ということ。でも、新しく始めた仕事だったり、場所だったりだとしたら、それを理由に辞めるわけにはいきまませんよね。

そもそもなぜ苦手な人が出来てしまうのか?

1a76f03ff3a71de11d2fc9b1feec04c5_s

もう直感なんだから仕方がない・・・というか、逆に、世の中全員が自分と気が合う人たちばかりだったら???と考えると、それはありえないでしょってなりますよね。           

ということは、生きていく上で、苦手だなって思う人はいて当たり前なんです。いない方がおかしいのです。では、苦手な人が現れたら、どういう風にすればいいのか?一番は、

  • 関わらない
  • 近寄らない
  • 気にしない

ですが、組織に所属している以上、こんな無理な話はありませんよね。

息子は今、スポーツクラブに通っているのですが、このスポーツクラブは親の関わりがとても強いクラブなのですが、息子が入部して、親の会に挨拶した瞬間に、ピピッとまた直感が働いてしまったのです。
                                            
「あ、あの人苦手かも・・・」
                                            
そしてまた、その直感は当たってしまいました。でも、息子が楽しく通っているクラブを私のことで辞めさせるわけにはいきません。出来れば関わりたくないと思っている相手でも、関わらなくてはいけないときってありますよね。
                                   
そんな時は、少し疲れるかもしれないけれど、苦手意識を捨てて、自分から笑顔で挨拶をする、相手が喜ぶようなことを言う(お世辞ではなく)を意識してやってみるといいです。
                                            
もちろん、疲れます。時には、家に帰ってきてから、せっかく話しかけたのに、なんであの時こういわれなくちゃいけないの?とか、あの時の態度は何?って思ったり悩んだりします。でも、ある時思ったのです。

もしかして、自分が思っているほど、相手は私のことなど考えていないんじゃないかと。     

もう悩まない!この対処法さえ知っていれば、心が軽くなる!

f7ab721789720a993c3ef54ea780c94c_s

そうです!自分が苦手な人との関係を悩んでいる瞬間、時間に、相手は自分のことなど何も考えていないのです!

だったら、悔しいと思いませんか?相手は好きなことをしている、楽しんでいるいる時、自分は悩んでいるって!そう考えると、苦手な人のことを考えている時間がとてももったいない、無駄な時間と思えるようになったのです。
                                            
その人が、頭に浮かんで来たら、とにかく消すことです。テレビを見てもいいし、音楽を聴いてもいいし、悩んでいる時間を好きなことをする時間にすればいいのです。そうすれば、苦手な人のことで悩むことはないのです。

もし、それが出来ないようならば、その人のことであれこれ悩むより、その人とどうやったら上手く行くかの方法を考える時間にあてた方がよいのです。

                                            
どんなに頑張っても相手を変えることはできません。けれど、自分が変われば相手が変わる可能性が十分にあるのです。というか、いままで私がやってみて、間違いなく自分が変われば相手は変わります。

苦手意識はなかなか変わらなくても、意識的に声をかけていれば、時にその相手と笑いあっていることだってあるのです。

苦手な人が現れたら、ぜひ、この対処法を思い出して、悩まない自分にしてくださいね。そして、抜け出すことの出来ない人間関係の中、疲れすぎないように、心を軽くしていけたらいいですよね。
   

>>>当サイト『S-BOX』TOPへ

Pocket

無料E-Book|下流老人化回避! 老後に不安の無い人が今取り入れている 「新しい働き方」と「これからのお金の考え方」をお教えします。

bana button-report

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。