2016
11.17

子供の悪い姿勢は座椅子で矯正する!正しい姿勢が自然と身に付く方法

健康

Pocket

突然ですが、あなたのお子さんは一日どのくらいの時間、ゲームやパソコンをしていますか。
                                            
「今日はゲーム、何分までにしてよ!」

「ゲームが終わったと思ったら次はパソコン?」

「そんな悪い姿勢でゲームをやったら身体が歪んじゃうよ」
                                            
実はコレ、私が息子に言ってる言葉なんです・・・

文部科学省が毎年夏に実施している学習状況調査の結果、2015年は、小学生は平均1.53時間、中学生は平均1.66時間、平日に家庭用ゲーム機やパソコン、スマートフォンなどでゲームをしていることが分かったそうです。

しかもこれ、平日のみの調査なんです。では、休日も含めたら2時間は超すのではないでしょうか。これに加えてテレビも入れたらかなりの時間、座っているってことですよね。

姿勢を正しくすることは難しい?

c930b747f0b1fffd9c946cc4ca7e85d7_s

私は、ゲームやパソコン、テレビを含めて平日1時間で止めてほしいなって思っています。しかし、現実はというと・・・

学校から帰ってきて宿題が終わったらまず家庭用ゲーム機で遊ぶ 

「いい加減にしなさい!」と言われてパソコンへ向かう

「ご飯だよー」と言われて夕食になる

夜のゴールデンタイムのテレビを見る

               
トータル1時間どころか、テレビだけで1時間じゃないかーって話です・・・

パソコンはイスでやるのですが、ゲームとテレビに限っては、寝転んだり、ひざまずいたり、ソファで横になったり、とにかく背筋をピーンとしてやってることなんてまずありません

しかし、姿勢が悪いことによって、身体のバランスが歪み、子供の成長に大きく影響するかもしれないのです。しかも、悪い姿勢が続くと、身体が歪む可能性があるだけでなく、視力が落ちる原因ともなります。

私はこの姿勢の重要さに気が付くのが遅すぎました。小学4年生の息子がゲームを始めたのが、小学1年生のころからだったので、約4年間、悪い姿勢でゲームやテレビやパソコンをやらせてしまった結果、視力が落ちてしまい、気が付いたときには、眼鏡をかけなければ黒板の字が見えないようになってしまいました。

歪みや視力低下を避けるには、やはり姿勢を正しくするということなのですが、声をかけるだけではなかなか矯正はできません。

背筋がピンと伸びて長時間座っていられる座椅子があるのです!

その名も「背筋がGUUUN」(笑)

「姿勢を良くしない!」「姿勢が悪いよ!」「もっと顔を上げなさい!」と毎日毎日同じことを言っても効果がなく、「どうしたもんじゃろの~」と悩んでいたのです。

でも、ちょっと考え方を変えて、どうせ言ってもダメなら、治す何かを与えるのはどうかって!そこで調べてみたらあったんです! 子供用姿勢座椅子というものが!



この座椅子に身体をゆだねるだけで、良い姿勢が保てるのです。子供を見ていると、本当にちょこちょこ身体を動かし、いろんな体勢でゲームをしたり、テレビを見ているんです。最初は、落ち着きない子だなって思ったのですが、実は、ただ単に、辛い姿勢で腰が痛くなったり、その体勢が疲れたりと居心地が悪いだけだったんですよね。

しかも、子供って本当に汗かきだから、背面も蒸れないものがいいなぁ~と思っていたら、これは背面がメッシュで通気性がいいので年中使えるところも気に入りました。

毎日のゲームやパソコン、テレビの時間に、この座椅子に座るだけで、歪みが整い姿勢が良くなり、落ち着いてゲーム?(笑)をしたり、テレビを見たり出来るのであれば、やっている間は口うるさく言う必要がなくなりますよね。

もちろん、ゲーム、パソコン、テレビのトータルの時間を短くするという条件をつけるのが先ですが・・・。
                 

>>>当サイト『S-BOX』TOPへ

Pocket

無料E-Book|下流老人化回避! 老後に不安の無い人が今取り入れている 「新しい働き方」と「これからのお金の考え方」をお教えします。

bana button-report

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。