2016
11.09

書くという行動がおしえてくれた感謝と新しい決意

自己啓発

Pocket

 

突然ですが、皆さんは何かを書くことはありますか?
 

手帳に予定を書き込む
毎日日記をつけている
勉強用のノートをとる
 

実際に筆記用具を使って書くか、スマホやタブレット、パソコンでブログや日記を公開するとか、LINEやSNSを使って書くことも多いと思います。
 

いずれにしても”書く”ことによって、

  • 思考が整理される
  • 気持ちが落ち着く
  • 気付きがある
  • 思い出になる
  • 記録になる

がありますよね。

 

例えば、日記ですが

 
日記は、1日の出来事を思い出して”書く”ことで

「あの時、もっとこうすれば良かったかも。」と改善策が見えたり

「だから、あの人はこう言ったのか…。」と相手の本心に触れることもあります。

 
そりゃあ、確かに良いことばかりの毎日ではない時もありますが、日記を書くことで今日よりも明日が一歩でも前に進めるような気持ちになりますよね。

 
 

私は元々”書く”ことが出来なかった。

diary

私の中で書くといえば、もうだいぶ昔につけていたウェイクボードの練習日記くらいでしょうか。それと、今は日記ではなく手帳に気付いたことをメモする程度と、2年前に始めたFacebookで気ままに投稿するだけです。

 
Facebookに投稿するといっても

「今日は○○でランチ、おいしい♪」
「○○に来ています。きもちいい。」

なんてコメントと料理や風景の写真ばっかりで

 
読んでいる人はきっと

「んで、ナニ?」
「そうなんだ、へぇ~。」

と思ったでしょうね。(笑)

 
見てほしいけど、見られたくない…
反応はほしいけど、批判はもらいたくない…
自己表現はできないけど、自分用の記録ならできる…

 
その時に感じたことを素直に書きたいと思いつつも、公開する事を意識した途端に心の内側を覗かれるような気恥ずかしさや、そもそも自分の気持ちを文字にするのに時間がかかり過ぎて諦めた結果いつも短文のコメントだったんですね~。

 
 
正直なところ”書く”ことを苦手としていた私が、今こうして文章を書いているのは奇跡に近く(ホント)

 
今では多少マシになったとは思うのですが、初めのうちはビックリするくらい書けませんでした。(マジで)

 
私にとって”書く”ことは挑戦そのものを指し、その過程で『これまでの自分を変える』必要がありました。

 
それはもう、大きな変化と成長

 
そして衝撃の連続でした。

 

”書く”ことで変わりはじめた。

willmilne

もっとも、書けなかった頃の私は

「変わりたいのに、変われない。」

「変わったはずなのに、変わっていない」

そんな葛藤があったのにも関わらず無理に成長して見せようとしたり、明るくしていたらしく苦しかったようです。

 
苦しかったようです、なんて他人事のように言ってるのは、それが当り前過ぎて感覚が麻痺していたんでしょう。

 
早い話、

ちっとも等身大の自分じゃなかったんですね~。

 
そういえば、いま思い出しましたが、昔から日記を書くのが苦手でした。

 
自分が読む日記なのにコッソリ親が見るんじゃないか(ドラマの見過ぎ)と疑り深く、

「だったら、変なこと書けないな…。」

書ける範囲で書いても何故か見られることが前提になってしまい、ノートにすら自分をさらけ出せなかったようです。

 
・・・という事を『今』文章に書いているのだからだいぶ成長しています。(笑)

 
 
だけど、まだまだ旅は始まったばかりな気もします。やっとスタート地点に立てたばかりかも知れません。

 
だから、私はこれからも挑戦(=書く)し続けたいと思います。

感謝と新しい決意

mac

先日、少しばかり書くことが出来た自分を振り返ったとき

「あら、目標には及ばずだけど書けるようになってきたじゃん。」

周りと比べることなく素直に認められた瞬間がありました。と同時に感謝が胸の奥から自然に湧いてきました。

 
それは、私のこれまでの挑戦や成長はたった1人で孤独に頑張ったのではなく、

 
根気強く道を指し示してくれる師がいたことと、師をはじめとする心から信頼できる仲間がいたからです。 

 
間違いないです。だからこそ、感謝が湧いたのだと思います。

 
 
何故かふと、

『愛は行動を伴うもの』

マザーテレサの言葉が頭に浮かびました。

 
 
私にとって、書くという挑戦が、変化と成長をもたらし、書くという行動が、感謝を教えてくれました。

 
愛とは行動を伴うものだとするならば、きっと、書くという行動が愛にもつながるだろうと思います。

 
誰かが笑顔になる
こころが軽くなる
生きる活力になる
1歩前へ進む力になる

 
そんな風に書いていきたい、そうなるまで書くことをやめたくない、と新たな決意が生まれました。

 
 
ふぅ、

 
今またこうして気持ちをまとめて文字に出来たことを嬉しく思います。

 
 
長文ですが最後まで読んでいただきありがとうございます。今回、自分のことばかりになってしまいましたが、師と仲間への感謝と新たな決意を込めて書かせてもらいました。もしも、誰か一人でも何かを感じてもらう事があれば幸いです。

 
 

>>>当サイト『S-BOX』TOPへ

Pocket

無料E-Book|下流老人化回避! 老後に不安の無い人が今取り入れている 「新しい働き方」と「これからのお金の考え方」をお教えします。

bana button-report

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。